ニューヨークで働くある35歳の男性はメンズデイスパの愛用者。

「大事なビジネスミーティングの前にスパを利用するよ。
スパでリフレッシュして心も身体もスッキリさせてミーティングに望めば自分に自信が持てるんだ。」 

「金曜の夜にスパを利用するんだ。週末、妻と楽しく過ごすためにスパでリフレッシュしておきたいんだ。せっかくの週末なのに僕が疲れていたら妻に失礼だろう?愛する妻のために僕は元気でいたいと思っている。」 

ニューヨークという大都会で活躍するエグゼクティブは心と身体のリフレッシュを上手にやっているようです。

疲れたからといってただダラダラ寝ているだけでなく普段から食事に気をつけ、適度に運動をして、スパなどを利用して心のリフレッシュもはかる。

ビジネスの成功や向上、家庭円満で幸せを感じられる生活を目指す男性は心の豊かさと身体の健康が必要不可欠です。
自分自身を高めるためには定期的な心身のリフレッシュが大切ということを知っていて投資をはじめています。

日本でのデイスパの愛用者はまだ数少ないですが、徐々に増えて来ています。
愛用者の年齢層は幅広いですがやはりバリバリ働いている30代、40代が多い。
また誕生日や記念日、クリスマス、バレンタインに女性からギフトカードとして男性に贈られる習慣も増えてきています。 



近年の日本男性の美容傾向
清潔男子「綺麗男(きれお)」
20代を中心に美容に高い関心をもつ男性が増えてきている。肌への意識が高まり、筋肉質なマッチョ感の劣化か美意識と清潔感への意識が向上しました。
憧れる芸能人は福山雅治・小池徹平・岡田将生・GACKT


こだわりの美を目指す「綺麗オジ(きれおじ)」の登場
30~50代は生活に余裕があり、ワンランク上のトータルなケアを目指す。
女性の社会進出が広がり、職場で一緒に働く女性への気遣いも求められ始め背景もある。
よく見れたい相手は「妻・恋人」「職場の女性」


男性の「身だしなみ」も社会人としてもはや必要不可欠なものとなっていますね。