今日は化粧水について。

洗顔のあとはすぐに化粧水をつけて水分補給をします。
ポイントはタオルドライ後すぐにつけること!

洗顔後、タオルで水分を吸いとったその直後から乾燥は進行していきます。
肌が一番乾燥する瞬間でもあります。
なので洗顔後はすぐに化粧水をつける必要があります。



手でつけるのか、コットンを使うのか。
これは、商品のパッケージ、もしくは説明書に従うのがベストです。
化粧水だけでなく、他のクリームや美容液なども化粧品メーカーは一番効果の出る使い方を推奨しています。
ですので「コットンで」、と書かれてある化粧水を手でつけると効果が十分に発揮されない、ということになります。 


歳の数だけパッティング!?
化粧水をつける時にパンパンと叩いてつける方がいますがこれは絶対にやってはいけないことです!
特に目の周りはとてもデリケートです。叩く振動で目を傷つけることになっては大変です。

そして肌は筋肉のように鍛えて美しくなるものではありません。
活性化や血行促進を狙うならマッサージやツボ押しがおすすめです。


「入っていけ、入っていけ。。」
化粧水を手でつける時に手で化粧水を入れ込みましょう。
「入っていけ、入っていけ。。」と想いながら手で肌を覆いながら軽く押さえます。乾燥気味の時は何回も繰り返して化粧水をつけます。
肌が化粧水を飲み込んでいく感覚が分かるようになると化粧水をつけるのが楽しみになるでしょう。



次はクリームについて。