今日は洗顔について


クレンジングのあとは泡洗顔をしましょう。
髪は邪魔な場合はターバンで前髪をあげてしまいましょう。

一度顔を水ですすいで濡らした状態で。

洗顔料をネットやブラシを使ってしっかりと泡立てます。
手で作った泡はブラシやネットを使ったものとくらべて同じ体積の中に洗顔料の密度の濃い泡ができます。
ブラシやネットを使用してキメの細い泡を作りましょう。

泡はまずTゾーンへ載せてから顔全体へ。
泡だけが顔の上をコロコロと転がるイメージでやさしく洗います。
泡を載せている時間は約1分ほど。

泡を長時間のせていることも肌荒れの原因になりますので洗顔もさっと済ませます。
すすぎは流水をつかって丁寧に。
髪の生え際や耳の前、顎の裏側などに洗い残しのないように。


タオルの使い方
すすぎが終わったらタオルに水分を吸い取らせます。
「タオルで拭く」のではなく水分を吸わせる、ことがポイントです。

ここでも摩擦を避けるために気をつけます。
乾燥やシワを防ぐためにも、必要なタオルの使い方です。是非覚えて下さい。
髭剃りのカミソリ負けや、吹き出物など、肌トラブルが出ている時はさらに気をつけてやさしく扱いましょう。

もちろんタオルは清潔なものを!


洗顔のあとはすぐに水分補給をします。
さぁ!
いよいよ化粧水をつけていきます。

次回は化粧水について。