メンズスタイル~できる男性のための美肌スキンケア入門~

デキる男はすでにやっている!?いつまでもかっこよくありたい営業マン、ダンディでクールなオトコを決めたい方、女の子からモテるイケメンになりたい男子のための美肌スキンケア情報発信ブログ。化粧水、美容液、乳液の使い方はもちろん、肌荒れ対策やダイエットなど綺麗メンになるためのお役立ち情報を提供していきます!

2013年10月

「男たるもの額に汗して働き、家族と社会のために必死になって働くもの」
そう思う人もまだまだ多いでしょう。
これは時代性もあることなので仕方のないことかもしれませんね。
しかし、現代人はそんなことばかりも言って居られません。


見た目に時間とお金を使うのは恥ずかしいことですか?

女性が社会進出を果たし男性自身の意識の変化もあります。
男性も清潔さや身だしなみに気を配ることは当たり前で、むしろ不潔に見られることの方が社会的にみてもマイナス要素となっています。

お手入れされているかされていないか、ひと目で分かってしまうポイントがいくつかありますのでご紹介を。


長い、短いだけでなく清潔感があるかどうかがポイント。カラーリングの印象もその人を印象付けます。


男性性を主張する髭。ほとんどの人が毎日髭剃りをされると思いますが、伸ばしている人も清潔感が感じられるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。日本人女性の多くは体毛の多い男性を苦手とする傾向があるため気をつける必要があると言えます。


伸びすぎはもってのほか!甘皮の処理をして磨いておくだけでかなり印象が変わります。


男性の肌は女性以上にデリケート。適切なケアをすることで肌の老化スピードをゆっくりにすることができ、若々しい印象でいられます。


せっかく身だしなみがキマっているのに笑うと歯が残念な人・・・もったいないですね。笑顔の印象は歯でも左右されます。ホワイトニングや歯並びを整える治療なども需要が増えてきています。


ここにあげたポイントは美しいかどうか、清潔感があるかどうか、と同時にあなたの健康状態を表現しているポイントでもあります。
特に肌や爪は健康状態が目で見てすぐに分かるように表面に表れやすいところです。
肌荒れをしている、口唇が荒れている、爪が変色・変形している等といった状態ではいかにも不健康な生活を送っている印象を与え、あなたの仕事振り、私生活をも想像させてしまうでしょう。



世界のエグゼクティブは健康にために時間とお金をかけて身だしなみにも気をつかいます。
次の記事は「世界と日本のメンズビューティー事情」について書きたいと思います。










ニキビは悩んでいる人も多いトラブルだと思います。

思春期にできるニキビはオイリー肌ということで皮脂分泌が多いことが原因です。
しかし、大人になってからできるニキビはそれだけが原因ではありません。


大人のニキビは〇〇のサイン 

大人のニキビは「皮脂が多い」というより、角質層の水分量が全体的に少ないのです。
できる場所もフェイスラインや顎・首など髭の生える場所が多いです。
大人のニキビは肌表面の皮脂量や水分不足だけでなく、ストレスやホルモンのバランス等、様々な要因が重なってできているので清潔にしておけば治るという単純なものではないようです。小さなニキビがポツポツとできることは誰にでもありますが、治りにくい大人のニキビができた時は自分の生活習慣を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょう?





 

美肌道場に入門して3週間。
まさか、ここまで変化するとは思いませんでした!

入門する前は半分冗談の気持ちでやったんですが、
つけた次の日から明らかに肌の潤いが違う…!?

何か懐かしささえ感じました。
昔はこんなだったなーと(笑)

男性がそんな肌のこと気にするなんてと思う人も多いと思いますが、
一度騙されたと思ってやってみてください。

潤った肌を実感したらもう最後、やめられません^^;
まずは最初の化粧水からためしてみることをおすすめします。


写真 2013-10-15 0 23 28写真 2013-10-15 0 28 23

『指導したエステティシャンより』
毎日繰り返す髭剃りによって小さな傷がつき、常に乾燥状態で肌荒れを起こしていました。
beforeの写真ではちょっと見えにくいですが口の横は白く粉が吹いている状態でした。
「毛穴が伸びてる。。」の矢印の部分は頬全体のタルミが気になります。
毛穴は本来丸いもの。それが肌がたるむことで下方へ引っ張られて【涙型】の毛穴になってしまいます。それで毛穴が大きくなってみえちゃうんですね(TдT)

乾燥したお肌は光をキレイに反射できません。→くすみの元。
血流が悪かったり、水分油分が不足していることでツヤもない状態でした。

指導したスキンケアはまず、保湿を徹底させること!
夜、お風呂の後に化粧水とクリームをつけることを習慣にしてもらいました。
化粧水とクリーム、2アイテムのみのシンプルケアです。

普段、スキンケアをしたことのない男性はここからはじめてみるのも良いかもしれませんね。
ただし、使い方はきっちり守ってください。

実は肌改善を指導する時はまずは洗顔からスタートするのが基本ですが、今回は肌の乾燥が進んでいたので保湿することを真っ先に指導しました。
洗顔については今後指導していきます。

after写真のようにツヤ感がUPし、パッとみた印象が明るいのが良く分かりますね(*´∀`*)
ツヤがあって明るい、これだけで若々しい印象になります。
髭剃りの後のダメージも気にならなくなりました。
洗顔の指導も入っていくとますます変化が期待できますね。








今日は化粧水について。

洗顔のあとはすぐに化粧水をつけて水分補給をします。
ポイントはタオルドライ後すぐにつけること!

洗顔後、タオルで水分を吸いとったその直後から乾燥は進行していきます。
肌が一番乾燥する瞬間でもあります。
なので洗顔後はすぐに化粧水をつける必要があります。



手でつけるのか、コットンを使うのか。
これは、商品のパッケージ、もしくは説明書に従うのがベストです。
化粧水だけでなく、他のクリームや美容液なども化粧品メーカーは一番効果の出る使い方を推奨しています。
ですので「コットンで」、と書かれてある化粧水を手でつけると効果が十分に発揮されない、ということになります。 


歳の数だけパッティング!?
化粧水をつける時にパンパンと叩いてつける方がいますがこれは絶対にやってはいけないことです!
特に目の周りはとてもデリケートです。叩く振動で目を傷つけることになっては大変です。

そして肌は筋肉のように鍛えて美しくなるものではありません。
活性化や血行促進を狙うならマッサージやツボ押しがおすすめです。


「入っていけ、入っていけ。。」
化粧水を手でつける時に手で化粧水を入れ込みましょう。
「入っていけ、入っていけ。。」と想いながら手で肌を覆いながら軽く押さえます。乾燥気味の時は何回も繰り返して化粧水をつけます。
肌が化粧水を飲み込んでいく感覚が分かるようになると化粧水をつけるのが楽しみになるでしょう。



次はクリームについて。



 

今日は洗顔について


クレンジングのあとは泡洗顔をしましょう。
髪は邪魔な場合はターバンで前髪をあげてしまいましょう。

一度顔を水ですすいで濡らした状態で。

洗顔料をネットやブラシを使ってしっかりと泡立てます。
手で作った泡はブラシやネットを使ったものとくらべて同じ体積の中に洗顔料の密度の濃い泡ができます。
ブラシやネットを使用してキメの細い泡を作りましょう。

泡はまずTゾーンへ載せてから顔全体へ。
泡だけが顔の上をコロコロと転がるイメージでやさしく洗います。
泡を載せている時間は約1分ほど。

泡を長時間のせていることも肌荒れの原因になりますので洗顔もさっと済ませます。
すすぎは流水をつかって丁寧に。
髪の生え際や耳の前、顎の裏側などに洗い残しのないように。


タオルの使い方
すすぎが終わったらタオルに水分を吸い取らせます。
「タオルで拭く」のではなく水分を吸わせる、ことがポイントです。

ここでも摩擦を避けるために気をつけます。
乾燥やシワを防ぐためにも、必要なタオルの使い方です。是非覚えて下さい。
髭剃りのカミソリ負けや、吹き出物など、肌トラブルが出ている時はさらに気をつけてやさしく扱いましょう。

もちろんタオルは清潔なものを!


洗顔のあとはすぐに水分補給をします。
さぁ!
いよいよ化粧水をつけていきます。

次回は化粧水について。




















 

このページのトップヘ